極限までずぼら

最近は肌断食中(○回目(!?))失敗を乗り越えて行きたいところ

肌断食:1ヶ月と21日目 触ってしまう、掻いてしまう時

そろそろ肌断食うん回目の2ヶ月目を迎えようとしている。

感覚としては、調子は悪くない。

し、悪くなったとしても対処できている。

見た目以外は。

 

最初に

 

今日の写真。肌レンズ ミモレで。

 

f:id:miraininjin:20180519123351j:image

f:id:miraininjin:20180519123354j:image

 

f:id:miraininjin:20180519123359j:image

 

変わらず、毎日ぬるま湯洗顔、水洗顔。 困った時にはサンホワイトシルキー を手に伸ばして顔に押しづけ。

 

前回から、少しだけ微シワが良くなっている?

ただ、こういうものは、数日単位では誤差の範囲かなと思うので

長く記録をつけ、そして最初の頃と比較するのが目的だ。

 

 

そして、気になる角質。や、汚れ?

よく見ると鱗みたいとは言うが、たまってくると本当に嫌な気持ちになってしまう。

遠目で見るとか、写真だとかではあまりわからないのだが、話す距離で目の良い人では、若干の違和感を覚えるのでは?と思う。

それから、手触りも良くない。

角質が早くなくなってほしい理由としてはこの2つで十分すぎるほどだ。

 

その不快感から、

実はかなり肌を触ってしまっている。

せっかく痒みや痛みなどから解放されつつあるのに、気づくと手が伸びている。

これはいかん!

やはり、汚れた手で触るのは完全に良くない。

汚れていなかったとしても、ラップ1枚ほどの薄さであるといわれる肌にとって、どれだけ刺激になっていることか。

 

夜になると、眠る前から眠った後までも無意識に掻いたりしている様子。

無意識に掻いてしまうことへの対処としては、やはり、手袋着用がベターなのかもと思う。「かかない手袋」を持っているのでそれを使うのが良いんだろうか。

 

かかない手袋というのは、二重構造になっており、マジックテープで固定することができる優れものである。

 

私自身、そもそものところ本当に肌が弱いため、一年を通してどこかしらが荒れており、そこを無意識に掻きむしることでさらに悪化させるという悪循環を引き起こしていた。

 

この手袋は、二重構造になっているため、掻く動作をしても、中の1枚の手袋が動くだけだ。

素材もかなり厚いので、刺激は減る。マジックテープで固定しておけば、無意識に脱ごうとしてもなかなか外せない。

 

しかし、ズボラすぎる私にとって、毎日両腕のマジックテープを止めるという作業が、難しかった。

最初のうちは、これをつけていればキズも増えないから頑張っていたが、徐々に手袋をはめる回数が減っていった。

 

だが、アトピーなど我慢できない痒みが出てしまった時は本当に重宝した。

もしそういう事で悩んでいる人がいたら、この手袋があるよと教えてあげたいと思える品だ。

 

 

今回は、触ってしまう場所が顔に限定され、掻きむしり対策というよりは触る対策なので、もう少し楽につけられるものを探した。

 

絹の手袋なら、触ってしまっても刺激が少ないかなと思う。

それから、手袋をしていれば、顔の肌の感覚が手に伝わらない。

ざらざらかな?と思って触ってむいてしまうことの防止になるのではと考えた。

 

朝起きて一番に爪の間と顔を確認して、掻いてしまったことにがっかりするのは やはりつらい。

届いたら、効果を試してみたいと思う。

手荒れもあるため、その改善にも繋がるかもしれない。