極限までずぼら

最近は肌断食中(○回目(!?))失敗を乗り越えて行きたいところ

肌断食:117日 5ヶ月目を目前に 現状

あんまり書くことないと思っていたんですが、現状の記録でも。

4ヶ月経とうとしている肌断食。

 

最近の肌調子

f:id:miraininjin:20180723184851j:image

赤…ゴワゴワしがち、場合によってはかゆい。

黄…モワモワしてる時がある。

青…手触りよい

 

赤のおでこと眉、眉間そして生え際は、落ち着きがない。痒くなって夜にかいてしまっていることも。赤みは数日前まであったが、落ち着いてきた

鼻自体角栓ぴょんぴょんこそなくなったものの、皮のごわつきは出やすい。だが最近では鼻の横が気になるが減ってきた気もする。

 

黄色部分、目の下、ほほ、口周りは乾燥することがあり、厚くないけれど化粧をすると皮が目立つことに気づく。

特に口の周りは場合によっては笑うと皮がめくれる。これが一番嫌である。

 

青、フェイスラインの部分は手触りとしてはするするもちもちな感じ。透明の産毛がきらきらしている(…)

この部分と頬の黄部分の境界線が確かにある。しかし、黄色部分は徐々に狭くなっている、と信じている。

 

最近の行動

・メイクが増えた

・それに伴い石鹸洗顔が増えた

・そしてワセリンを塗ることが増えた

 

顔色はけしていい方ではないため、やはり多少クマなど隠したほうがいいか、と思い、コントロールカラーをクマに、そして上からパウダーを軽くして、唇も塗っている。眉毛を描いている場合もある。

 

コントロールカラーはナチュラグラッセ バイオレット。石鹸落ちで良い。

パウダーはエトヴォスのUVカットの。リップもエトヴォスのことが多い

眉毛はセザンヌのモーブのアイシャドウを塗り、暗髪のためブラウンだともさくなりがちな毛についてはヴィセの眉マスカラ(ダークブラウン)を塗るとふんわかした印象になる。そしてこれお湯落ち。すき。

 

先日、パープルのコントロールカラー下地にセザンヌのパープルのパウダーを乗せたところバカ殿になった。白すぎてファンデに困っている方や鬼のように白くなりたい人は是非。私みたいに首が黄色い人は首も塗ること。しかし、首を塗っても手足が浮くことは間違いなく、今夏最高のホラービューティになることは請け合いである。

 

(つまり、パープルに合わせるなら普通の色のパウダーが一番いいと思ったの、って言う報告に過ぎない)

あとは、パープル下地を全顔に塗ると黄肌の私は少しのパウダーでは抑えきれないほど空中浮遊する顔面となってしまったため、少しのパウダーで抑えたいのであればやはりくま部分とあと余ったのは手のひらで伸ばして顔に押さえつけておけばいいんじゃないか、と思う。

 

帰宅後、石鹸洗顔、そして気になるところにワセリンなど。

石鹸洗顔をしても落ちないくらい載せてしまった場合は、ワセリンを多めに取り優しくくるくるしてから、ティッシュオフしている。

ワセリンで化粧を落とすならやはり柔らかいサンホワイトシルキーが最高にいいと思っている。

 

洗顔が増えたので、落ちる角質は落ちていっていると思う。

今のところピリピリしたりすることはないし

乾燥具合に気を遣えばこの夏はこんな感じでたまにメイクでおしゃれしつつ、石鹸洗顔ですっきりしつつ

ゆるりと進めていけるのではないかと期待。