極限までずぼら

最近は肌断食中(○回目(!?))失敗を乗り越えて行きたいところ

肌断食:209日目 肌の観察を忘れていませんか?

2、3日前の荒れが落ち着いてきました。

触るとざらざらしている部分もありますが、、

鼻の汚さはだんだん無くなってきたかなぁという印象。

本当、変化は少しずつですね。

 

さて、お肌が荒れた時……

なーんにもしないのが、一番!

と言いたいのですが

健康なお肌になるまでは、観察しつつ補助を入れてあげるのがいいと思うこの頃です。

(※体質によって、保湿が不可欠な場合もありますよね)

 

肌断食の悩みの1つ、肌荒れ

肌断食をおこなっていたらなぜかガサガサピリピリ…乾燥してるの?どうしちゃったの?と、辛いですよね。

ここで、鏡を見ずに

「いんや、耐えるんだ!!」と頑張ってしまうのは、私はおすすめしません。

 

肌断食といえば、こすらず、触らず、洗わず!…?

確かにむやみに触って刺激を与えるのも良くないのですが、あまりにも優しくしすぎて落とすべき汚れも落ちていないかも。

 

なんだかそんな気がする…もう痛いし痒いしよくわかんないし!あーもうー!洗えばいいんだ!

と石鹸を取り出す…

ちょっと待ってください。

 

肌の悩みは観察&必要に応じた補助で乗り切る

どうしてこうなってしまったのか、肌の状態から目を背けていませんか?

観察や補助が必要なのはスキンケアの基本ですが、肌断食だから放置がいい、なにもしてはいけないという思考になっていませんか?

 

まず、乾燥からくる肌荒れなのか?それとも過剰な皮脂や汚れからくる刺激で荒れているのか?はたまた花粉などに反応してしまっているのか?

☆現在までの行動や、何か違ったことをしてしまっていないか、一度落ち着いて考えてみるとよいです。

☆わからない!という場合は、引っ掻いたりせずに、まず、ぬるま湯ですすいで、ポンポンと拭くだけでも違います。

 

原因は…?と自分に問いかけておくだけでも、後から答えが出てくる可能性が上がるのでおすすめです。

・刺激物

・乾燥

・皮脂汚れ

・アレルギーなど

・体調

・気候の変化

など……

 

やけにならないで、考えてみます。

そして、スキンケアを一つ戻し補助したり、洗顔の強弱を変える。

原因となるかもしれないものを一つずつ取り除き様子を見てみる。

 

例えば私の場合は、乾燥してしまいうすい皮がめくれ上がってしまったりします。口の周りとかですね。

そういう時は、うすくワセリンを塗って対応します。無理はしません。

補助してあげると精神的にも落ち着くので◎。時には保湿などの力を借りてゆるく頑張っていきたいですね。

 

朝のぬるま湯洗顔をサボっていた時は、皮脂が刺激になったのかピリピリしてしまいました。

石鹸洗顔で対応し、次から朝洗顔を忘れずに行い大方解決しました。

 

鏡を叩き割って突っ走りすぐにきれいなお肌を手に入れる人もいるとは思いますが、乾燥肌である私は経験から、やはりじっくりと進めていくのが辛い思いをすることが少ないと思います。

 

観察に力を入れていると思わず保湿時以外にも触りたくなってしまったりもしますが(笑)がまん、がまん

うすい皮むけなどは気になりますが、触らないで我慢する方が私の場合絶対に改善が早いです。

触ってしまうことで刺激になったり、

汚れがついてしまいよろしくないと思います。

 

観察記録をつけるのが吉

ゆっくりとスキンケアを減らしたり、そうでなくても、なかなか改善の兆しが見えなくて辛くなってしまう人もいるかもしれません。

そんな時、少しずつの変化を捉えておくためにも、記録をつけるのもおすすめです。

記録によって、観察力も強化され、肌荒れした時の原因も見えるようになってきます。

また、どうしようもなくなった時、相談したくなった時、お医者様に説明する場面が訪れたとしても、役にたつでしょう。

 

・肌の調子/写真

をメインに、

・その日の行動(洗顔法から、触ったりかいたりしてしまった!などまで)

・メイク

もしできれば

・気候

・食事

 

なども記録できるといいですね!

ずぼら的には面倒くさい時もあるので、写真を撮るだけとか、一言書いておくだけでも後からとても役に立ちます。

 

肌断食でも観察が必要!

 

どんなスキンケアをするにも、お肌の調子を見ることは大切ですよね。

自分の肌が現在どのような調子なのか?

肌断食だからといってかたくなに放置をせず、様子を見て補助や洗浄をしていくことで、進みはゆっくりでもなるべく辛い思いをせずに改善していくことができると思います。

 

しかし、ぐるぐると考えすぎてもストレスが溜まりお肌に影響してしまいますので適度に。

記録に残すことで脳から取り出し、ぐるぐる思考を控えることにも繋がる気がするので、私はおすすめします。

 

自己責任で!と、肌断食を行なっている方も、対処しきれないと感じたら、

炎症等ひどくなってしまう前に、お医者様に診てもらう、なども大切ですね。