極限までずぼら

最近は肌断食中(○回目(!?))失敗を乗り越えて行きたいところ

肌断食:216日目 触る癖を意識していたら

こんばんわ

 

全国的に寒ーくなってきました!

汗をかかなくなって顔のピリピリが減り喜んだり、感想で悲しんだりと一喜一憂。

 

顔を触らないように気をつけていたのですが

本当に気がついたら手が触れていることに気が付いてしまいました。

日常的に。

例えば眠る前には、髪の毛の中を探ってざらざらをひっぱっていたり。

 

びっくりです

肌断食を始めてから、触らないことを意識してきたはずなのに……?

 

ざらざらな肌に気づいて、そこからどんどん触るようになっていたようです。

これは確かに良くなりませんね〜

 

おまけに、夜もかいてますし(汗)

痒くなくなったのに、油断からか

にきびになってもいない、手に触れたでっぱりを潰していたりひどいですね!

 

いや、これは、気をつけないと……

気をつけるとかそういう次元ではないほど手が伸びてしまってます!

 

ストレスを感じている時も手が伸びるのですが

そうでなくても伸びている気がする。

 

うーん。

 

 

悩むところが変なんでしょうか。

ざらざらやでっぱりを取ったりしても、よくならないのは知ってるんですが

気持ちの問題なのか、癖なのか、、

まあいいやの気持ちが招いているのかもしれません……つまり、甘え?

寝てる時はなんとも言えないんですけどね。

 

引き続き気をつけていきたいです。