極限までずぼら

最近は肌断食中(○回目(!?))失敗を乗り越えて行きたいところ

肌断食:1ヶ月と5日目

写真が記録できないが、とりあえず状態だけでも。

 

朝はぬるま湯洗顔(水洗顔)、夜も先程同じように。今日は少し外に出ていて、風もかなり強かったので刺激になったかもという事を考えて、夜はすこしサンホワイトシルキーを手に伸ばして押し当てた。

 

痛い痒いということは全くないが鼻の周り?頬のあたり?はすこしつっぱりのような感じがある。

2ヶ月くらいしたらおさまってくれるだろうか?

 

昨夜おでこを掻きむしってしまったのだが、そこは今小さなニキビができている。寝ている間気づいたら掻いていて目が覚めると本当に驚いてしまうので、自分、落ち着け。

 

ちなみに、顔に残っている角質は、どうやら自然光だとより目立つ様に思える。

今まで行っていた失敗肌断食の時は、本当に汚い瘡蓋やら角質やらが溜まりまくっていて、外に出ると目立つので苦痛だったことを思い出した。

現在の肌断食が上手くいっているかは今のところわからないが、断然痛みや痒みがなく、角質も溜まり過ぎることがない。そのためか、ストレスが少ないので、今はこのまま進めていこうと思う。

 

やはり、皮脂の残り具合をチェックしながら洗い方を変えていくのは大切だと思う。おでこ、ほほ、鼻のぬめぬめ具合は要チェック、ぬめっとしたら取りすぎない程度に軽く撫でて落とす。

 

あと本当に洗ったあとや普段の生活で出来る限り触らない!本当に本当にこれ。